わたしの出会い系サイト体験
 
10年以上出会い系サイトを利用してきた体験を紹介していくブログです。
 


新しい順に表示

出会いについて掲げていること

俺は出会いについて掲げていることがある。
それは…、おいといて。

その未知に一番近いものはなんだろう?そう考えたとき、導き出された答え。それは出会い系。

もちろん、それが全てだとはおもってない。

ただ、ひとつの選択肢としてそういうものもあるということをオレはおもった。

実際に利用してみることにしたんだよな。

利用してみて思ったのは、なんかいい出会いもなくはないんだろうなってこと。

そんなある日、出会ったんだよ。めちゃくちゃタイプのかわいい人と。なんか接していくうちに、いろいろとおもうようになって。

っていうか女性は恋をするとかがやくっていうよね。

彼女、オレとはじめてあったときから2回目に会うときの間に恋をしたのかな?

2回目、3回目って会う回数をかさねていくたんびに、なんかきれいになってんだもんなぁ。ちょっとショックだった。

でも、その相手がオレだったら良いけどさ。

確認の仕様がないから、どうしようもなかったけど。

だけど、オレと同じ気持ちで思ってくれていたらうれしい限りだなって思ってる。

叶わない恋とかじゃないからな。いい恋にかわる恋だとおもう。

だから、諦めないでがんばりますよ。きっとオレを好きになってくれたんだって思えるからさ。

掲げているのはいい恋をするってことなんだ。



6月30日(月)12:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 出会い体験談 | 管理

自分と境遇の似た人をお誘いすると成功率が高まる

出会い系サイトには、色々な身分の人が登録しています。

学生さんや独身の社会人、バツ一の人や妻子持ちの既婚者。

フリーターもいれば年収の高い経営者もいますし、有名な企業勤めの人など様々です。

そんな色々な顔が揃うプロフィールですが、一番話が続いたり共感が持ててお互い興味を持ち易くなるのは、やはり自分と似たような身分や境遇の人でしょう。

例えば、ハタチそこそこの学生の男の子に、子持ち主婦が興味を示してお誘いしても、まずやり取りの成功はあまりしません。

年上の熟女好きな趣味があるのなら別ですが、たいていは同世代の彼女探しをしているパターンが多いです。

相手探しの時に、相手はどういう理想の人を探しているのかは、プロフィールを見れば分かります。

事細かく記入するようになっているからです。

希望する身長や体重。独身か既婚のどちらを求めるか。

許容範囲の年齢など、相手の希望をまず見て下さい。

自分が相手が求めていないような条件であった時、男性だったらメールの送受信が有料制のサイトがほとんどですから、無駄なポイントを使わないように返事すら来ないかもしれません。

少しでも出会いの可能性を高くしたいのであれば、相手の求める条件と自分が求める条件が一致するような相手選びをすると、交際の可能性も高まります。

例えば、相手が妻子持ちの既婚者で、パートナーに相手にされない寂しさから登録していた場合、自分も同じ既婚者であれば、同じ境遇同士、毎日の寂しい生活での辛さを吐き出せるような会話のやり取りが出来たら、あとは仲が深まっていく事も望めるでしょう。

条件に合った相手選びをする事は、とても重要です。



5月21日(水)22:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 出会い体験談 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン